粗大ごみ回収のルールを守って不用品を処分しよう

粗大ごみは家庭ごみのようには捨てられません

壊れてしまったベッドやソファなど、売れない状態の家具は粗大ごみとして捨てることになります。しかし家庭ごみのように毎日捨てるわけではないのでルールを知らない人も多いのではないでしょうか。ここで簡単にポイントをまとめてみましょう。

粗大ごみを捨てる際にやるべきこと

  • 捨てるものの大きさを測る
  • 自治体もしくは回収業者に連絡を入れる
  • 自治体の場合は粗大ごみ券を購入する
  • 粗大ごみ券を貼って指定された日にちにゴミ捨て場に出す

粗大ごみ回収のルールを守って不用品を処分しよう

廃品

自治体で回収してもらう

一般的な粗大ごみ回収方法は大阪や東京の自治体が運営するゴミ回収サービスです。捨てるものの種類や大きさによって処分料が変わってきますので確認しましょう。同じ家具でも解体して小さくすれば安く済む場合があります。処分料が決まったらコンビニで「粗大ごみ券」を購入しましょう。大体ベッドやソファなどの大型家具は1000円以上するのが普通です。また、日にちも指定された日にきっちり出しましょう。

作業員

回収業者にお願いする

捨てるものがたくさんあって運ぶのが大変という場合は回収業者にお願いするのも手です。品目ごとではなくトラック1台分でいくら、というパック料金を設定しているところも多いです。さらにオプションで清掃サービスなどをつけられる業者もあるので単身の引越しで人手がないという悩みも解決してくれます。

比べて選ぼう

自治体と回収業者ではそれぞれ手順も料金も違うことが分かりましたね。捨てるものの種類によっては自治体がお得なものと業者がお得なものがありますので比較して上手に利用しましょう。

広告募集中