引越しや模様替えで不要になった家具は買取でお得に処分できる

引越しや模様替えで不要になった家具は買取でお得に処分できる

不用品回収

家具の処分なら買取が断然お得

引越しや部屋の模様替えなどで家具が不要になった時、処分方法に悩みますよね。一人暮らしだと大きな家具を動かすのは大変ですし、気に入っていた家具をいざ捨てるとなると惜しくなったりするものです。そんな時には横浜でも京都でも利用できる、買取サービスがおすすめです。家具の状態によって買取価格はピンキリですが、粗大ごみとして捨てると逆に処分料を支払う必要があります。時間に余裕があるのなら高く売れる方法を探すのが賢いといえるでしょう。

作業員

方法その1 リサイクルショップで買取してもらう

一番身近な方法がリサイクルショップです。自分で持ち込むことも出来ますが、お店によっては自宅まで引き取りに来てくれるサービスもあるので活用してみましょう。同意書に記入する程度の作業でその場ですぐ現金になるのでスムーズです。

ごみ

方法その2 オークションを利用する

最近はスマホアプリなどでも手軽にオークションに出品できます。キーワードで検索してくれるので、処分したい家具が珍しいデザインやカラーのもの、またはビンテージ物など何かウリがあるのなら町のリサイクルショップよりも高い値段がつく可能性があります。

部屋

高く買取ってもらうためにできること

できるだけ高く買い取ってもらうためには綺麗な状態であることが重要です。使用期間が短く、目立つ傷や臭いがないのが一番いいですが、家具は長く使い込んでいる場合がほとんどです。傷があっても汚れは拭き取る、洗えるものは洗うなど、やれるだけのことはしてから査定してもらいましょう。

家具を売る場合と捨てる場合のメリットとデメリット

売る場合

メリットはもちろん捨てるよりお得という点です。気持ち的にも愛着のある家具を粗大ゴミとして捨ててしまうのは少し寂しいですよね。いい値段で売れれば新しい家具を揃えるコストも抑えられ、中古家具が欲しい人の手に渡ればいいことづくめです。デメリットを強いて言えば、リサイクルショップとのやり取りに多少手間がかかると言うことです。オークションなどで売却する時はすぐには売れないということもありますので注意が必要です。

捨てる場合

粗大ごみとして捨てるメリットは売るよりも早く片付く点でしょう。元々中古で買った家具を使い古して傷みがひどい場合などは買取でもタダ同然の値段しかつきません。リサイクルショップに持ち込む手間などを考えるとコスパがいいとは言えないでしょう。粗大ごみを出す際は地域によって出し方に決まりがありますのでルールに沿って処分しましょう。

広告募集中