タトゥー除去で人生の路線変更|後悔しないために

ソフト面の充実に期待する

ウーマン

今、美容外科に求められているものは、技術面やハード面だけでなく、その医院の対応の良さや、不安を取り除くような工夫がされているかどうかというソフト面の充実です。競争率の高い心斎橋では特に、各医院がそれに応えるべく取り組んでいます。

More Detail

手術なしでリフトアップ

複数の医者

顔のたるみを根本から解決するためには、これまでは手術によるリフトアップが必要とされていました。しかし大阪の美容外科では切らずにできるウルセラリフトが行われており、人気を呼んでいます。切らないのに手術に劣らないリフトアップ効果が得られるという特長があります。

More Detail

タトゥーを消す治療

寝そべる女性

手術やレーザーで除去

タトゥーは、肌の深い部分にまで染料が浸透しているため、肌表面についた汚れと異なり、洗っても除去できません。ターンオーバーによって徐々に薄くなっていくこともありますが、長い年月が必要となる上に、完全に消えることはありません。そのためタトゥー除去は、美容外科で手術によっておこなわれています。染料が浸透している皮下組織ごと、メスで切り取るという手術ですが、これによりタトゥーは完全になくなります。さらに昨今では、レーザーによるタトゥー除去もおこなわれるようになっています。手術と異なり、複数回の施術が必要となるのですが、メスによる切除がおこなわれない分、傷跡が残りません。そのことから、レーザーによるタトゥー除去は、需要の高まりが予想されています。

剥がれるたびに肌が白く

レーザーによるタトゥー除去には、具体的にはダイオードレーザーという、色素に熱を与えるレーザーが使われます。このレーザーを照射すると、染料が浸透している部分が焦がされて、剥がれやすくなります。深い部分まで焦がすことはできないので、剥がれるのは肌表面に近い部分のみとなっています。しかし剥がれることで、深部で新しい肌が作られるようになり、それによって染料が浸透している部分が、表面に上がってきます。その状態なってから再びレーザーを照射すれば、肌表面に近い部分が、やはり染料ごと薄く剥がれていきます。これを繰り返すことで、徐々に肌が白くなっていくというわけです。施術時間は10分程度と短く、施術後のダウンタイムもないことから、これは負担の少ないタトゥー除去として注目されています。

整形でアンチエイジング

微笑む女性

加齢による頬のたるみを美容整形で対処するには、レーザーを当てて肌のハリを取り戻すことでたるみを目立たなくするという方法があります。度合いが大きくなると、メスを入れて皮膚を除去する手術になることもあります。

More Detail